色々試して白髪を楽しむ

私は、若白髪で20代後半から白髪が出始めました。

 

 

 

初めのうちは白髪を見つけたら抜いて対応していましたが、

30代半ば頃からは抜いていては追いつかないくらい

根本の白髪が目立ち始めました。

 

 

白髪があるとどうしても老けて見られるし、

子供にもいつまでも若いお母さんで居てと

言われるので悩みは尽きません。

 

 

 

白髪が目立つので5歳上に見られることがよくあります。

 

 

美容院での白髪染めカラーリングもしていますが、

2週間もすれば根本が白くなるため続けるのは、

経済的にも大変ですし、ダメージも大きいため出来ません。

 

 

今では、2カ月ごとに美容院でのカラーリングと

自宅での白髪染めトリートメントを併用しています。

 

 

自宅での白髪染めはどうしても面倒なのと、

色素沈着が気になりますが30代で真っ白の髪も

嫌なので頑張るしかないですね。

 

 

それでも、年上の方との白髪染めトークで盛り上がったり、

同年代の芸能人の方がグレーにカラーしているのを見たら、

真似してみようかなと考えたりする楽しみもあります。

 

 

年配の方が白髪染めをしないで真っ白の髪の毛で

かっこよくスタイルを決めている方も憧れるので、

自分が白髪の似合う歳になるまでは色々なことに

チャレンジして楽しみながら歳を重ねていきたいと思います。

 

 

白髪染めをしてみると想像以上に見た目の印象が変わり

白髪が増えてくると、自然と雰囲気が老けた感じと

なってくるのか、周囲からも実年齢と比べ

高く見られるケースが多くなってくる様です。

 

 

私自身も、白髪が増える前と比べ特別顔が

老けたという感じは受けなかったものですが、

実際久々に会う友人や知人からは思い切り印象が

変わった様に言われ、結構ショックは大きいものでした。

 

 

その理由が白髪にあるのか顔にあるのか、

気拙くて正確な答えを導き出す事は出来ませんでしたが、

短期間にこれだけ白髪が増えるとやはり、

この原因を疑わない訳にはいきません。

 

 

そこでつい半年前から意を決して白髪染めを

始めたのですが、すっかり髪を黒く染め直してみると、

想像以上に印象は変わります。

 

 

 

顔はほぼそのままなのに、受ける印象が

数年若返った様に感じ、やはり髪の黒さは

見た目の若さに相当大きな影響を与える事が

分かったのです。

 

 

ただ、あまり人と会わない普段の生活から

常に染めっ放しというのではコストも

掛かりますから、そこは最低限に留め、

気合いを入れて他人と会うイベントがある時に限り、

直前に白髪染めをしてゆく事にしています。

 

 

 

将来はロマンスグレーヘアがいいな

白髪が似合う女性を見るとステキだな~と思うんですが、

私が白髪のまま過ごすことができるかといったら

その勇気はないんですね・・・。

 

 

 

本当にきれいな白髪というかロマンスグレーくらいなら

白髪染めしない選択もできると思います。

 

 

 

だけどそんな風にきれいなロマンスグレーヘアに

なることなんてないでしょう・・・。

 

 

 

芸能人でロマンスグレーヘアの人を最近ちょくちょく

見るようになって少し憧れています。

 

 

 

私はまだそういう髪になるような年代じゃないため

将来のために白髪のことについて考え始めています。

 

 

 

白髪ってあっという間に増えますからね・・・。

 

 

 

今は白髪の量としては多くもなく少なくもなくという感じ・・・

年齢を考えれば普通だと思っています。

 

 

 

白髪をそのままにしておくと黒い髪との差が激しくて

目につくため自分で白髪染めしていますが

面倒くさいのが本音ですね。

 

 

 

髪が傷んで手触りが悪くなるし白髪染めをしても

また新しい白髪が生えてくるからきりがないのです。

 

 

 

白髪による印象の変化

白髪というのは、女性にとっては嫌なものでしかない気がします。

 

 

男性ならば、むしろ味になるともいえる白髪で、

ロマンスグレーなんて言葉すらあるというのに、

女性にある白髪は単なる美意識のなさな

見えてしまう気がするのです。

 

 

男性なら許されるそれが、女性の場合だと、

白髪を染める余裕すらないのかしら、と思われるのは

悲しいですがそれが本当のところなのです。

 

 

白髪って、特に白人系の外国人だと気にならないものですよね。

 

 

元から白に近い色をしていますから。

 

 

なのに、黒髪の日本人の女性の髪にまばらにある

白髪は品を失う原因のように思えてなりません。

 

 

だから、若作りするつもりではなくとも女性は

仕方なく髪を染めるのだと思います。

 

 

髪の毛を染めるというのは、髪の毛を傷めるし

あまり好きではない人も多いはず。

 

 

けれど、染めないというのは化粧しないで仕事場に

来る女性のような目で見られてしまうのだから

悲しいものです。

 

 

いきなり30代も後半の女性の髪がそれまでと

違って茶色に染められたりすると、もしや白髪隠しなのかな?と

思ってしまいますからね。

 

 

日本女性ってなかなか大変だと思います。

 

 

 

悲しい白髪染め

白髪をどうするかは、いろいろ悩みますよね。

 

 

3か月に1度美容院で染めてもらっていますが、

それだけでは間に合わず、毎月自分で染めています。

 

 

白髪染めって、自分がすごく年を取ったように

感じてしまい、最初のうちはおしゃれ染めで

誤魔化していました。

 

 

しかし、やはりおしゃれ染めと白髪染めは違い、

あきらめて白髪染めを使っています。

 

 

市販の白髪染めは、薬剤が強いと言われており、

肌の弱い私としてはあまり使いたくないのが本音です。

 

 

しかし、1か月もすると白髪が目立ってしまい、

染めないわけにもいきません。

 

 

これまで白髪染めだけではなく、トリートメントや

ヘアマニキュアなど色々なものを試してみましたが、

どれも言われるほど染まらないので、結局は通常の

白髪染めを使っています。

 

 

本当は明るい茶色の髪の毛にしたいのですが、

白髪が染まりにくいという事からいつも真っ黒に

染めているのも、全然おしゃれに見えないので

どうにかならないものかと思ってしまいます。

 

 

受け入れる覚悟を決めた

白髪を受け入れる覚悟を決めた。

 

 

 

私は40代後半に突入してから、白髪を

自然なままにしておく覚悟を決めました。

 

 

それまで毎日毎日、鏡を見ては

「まだ染めなくて大丈夫」という日々。

 

 

白髪の存在に気付いてしまった人なら、

絶対にご理解いただけるんじゃないかと。

 

 

それが鬱陶しく感じてしまったのが始まりです。

 

 

もちろん、今は市販のもので簡単に、

しかも安く染められることは承知しています。

 

 

でも、「染める?まだ大丈夫?」と

自問自答すること自体が面倒で。

 

 

だからロングヘアは諦めて、

ばっさりとショートヘアです。

 

 

久しぶりに耳を出した、超イメチェン!

 

 

だからといって白髪が無くなるわけではありませんが、

白髪で年齢を感じさせることをショートで若々しさを装い、

プラスマイナスゼロにしたい・・・という気持ちから、

こうなりました。

 

 

賛否両論ではありますが、自分では煩わしさから

解放されたのでまずは良しとしています。

 

 

短くしたら、「もっと明るい色にしたほうが素敵かなあ」と

テンションが上がったのは事実。

 

 

結局は染めるかもしれませんが、白髪の存在で

私のファッション傾向に「ただ今、異変あり!」

なのです。