坊主にすれば薄毛が目立たず返って好都合

白髪が増えても坊主にすれば

薄毛が目立たず返って好都合!?

 

 

 

自分自身も私の両親も、かなり早い段階から

白髪が目立ち出した事もあって、白髪が増えても

特に気にする事なく許容出来る精神状態が

出来上がっている、と言っても過言ではありません。

 

 

 

そもそも白髪が多くなる事を決してみっともないと

考えておらず、むしろ格好良いと思っている位。

 

 

 

私の周囲にも白髪をそれ程毛嫌いする人間が

いなかった事も、そういった考え方を持つ様に

なった理由かも知れません。

 

 

ただ両親が比較的髪を伸ばしているのに対し、

残念ながら私の場合、少しづつ薄毛化も

進行してしまっていますから、長く髪を伸ばすのは

得策ではありません。

 

 

 

常に1、2センチ程度にまで刈り上げ、黒髪と

白髪が織りなすごましお状の坊主頭を楽しんでいるのです。

 

 

白髪の割合が増えてくると、相対的に頭皮の地肌が

強調されなくなりますから、薄くなっている頭頂部に

関してはかなり好都合。

 

 

 

この部分を若干伸ばし、モヒカン風に仕上げても

髪型が破綻する事は決してなく、結構面白いものです。

 

 

完全に禿げてしまうまで、このヘアスタイルを

楽しんでいこうと思っています。

 

 

 

白髪は人生の年輪

年を取るというのは、ある意味悲しいことかもしれません。

 

 

 

白髪は出てくる、老眼にはなる。様々な病気も

出てくる年代ともいえるでしょう。

 

 

 

誰もが平等に年をとり、若返る努力は出来ても、

誰もに老化は訪れてきます。

 

 

白髪はその人の人生、その人の生き方の

表れのような気もします。

 

 

 

白髪のない人もいます。

白髪を全く隠さない人もいます。

 

 

白髪をどうするかは、その人自身の生き方も

出てくると思います。

 

 

外人は頭真っ白でも、素敵な方もいらっしゃいます。

白髪を全く染めない男性も素敵にみえます。

 

 

要するに、白髪を恥ずかしいと思っていない、

堂々とした生き方が、白髪を感じなくさせているのでしょう。

 

 

しかし、女性にとってはそうもいってられません。

白髪は老けて見えます。

 

 

 

事実です。堂々としていても、事実は事実です。

 

 

髪の毛を染めたら若く見えます。若く見られると、

気持ちも若返ります。白髪染めは沢山あるけど、

生えてくる時点で黒髪にはならないのでしょうか。

 

 

いずれにしても、ストレスをためないで、

心豊かに老後と向かい合いましょう。

 

 

 

美容院での白髪染めが苦手

白髪染めを美容院でやってもらうようになってから

私のお小遣いは減りました。

 

 

 

チケット制の白髪染めを選んでいるから

ちょっとだけお得です。

 

 

 

でも大きなトクはないですしきれいに白髪が

染まっていないこともあります。

 

 

 

私は気が弱いので白髪がきれいに染まっていなくても

「次回ちゃんと染めてもらえばいいか
・・・」と我慢してしまいます。

 

 

 

こういう我慢がいけないんですね・・・。

 

 

 

いつの間にか私は美容院が苦手になっていました。

 

 

 

昔は美容院へ行くことがストレスじゃなくお金と

時間があれば何回でも行きたいと思っていたのに、

最近ではできるだけ行きたくない場所のひとつに

なってしまったのです。

 

 

 

言いたいことを言えない私の性格が美容院に

対して苦手意識を持つ原因。

 

 

 

白髪染めをしなければ髪の状態に安心できなくなってから

定期的に美容院通いしているんですが、いつまで経っても

緊張するし、ドライヤーの風が熱くてもブラッシングが

痛くてもいつも何も言えない私です。

 

老けて見えるから

老けて見えるから白髪はイヤです。

 

 

 

40代で白髪が多いのは老けて見える

大きな原因になっちゃいます。

 

 

 

私の知り合いには50代になっても

白髪染めをしていない人が数人いるので、

40代の私が白髪染めに一生懸命に

なっているのがなんか腑に落ちないのです。

 

 

 

私は40代初めから白髪染めを始めました。

 

 

 

30代の頃は白髪なんてほとんどなかったんですよ・・・。

 

 

 

30代もそれなりに波瀾万丈な人生で

それを一つ一つ乗り越えてきたから白髪が

出てもおかしくなかったんですが、なぜか30代は

白髪が出なくてほっとしていたんです。

 

 

 

それががらっと変わったのは40代になって

しばらく経った頃。

 

 

 

ふと生え際に白いものが見えて白髪だと分かったので、

子供に後頭部などに白髪がないか見てもらいました。

 

 

 

そうしたら出てくるわ出てくるわ・・・

「ママここにも白髪があった!」と

言われる度に私のテンションは

がっくんがっくん下がりましたよ・・・。

 

 

 

白髪は老けて見えるから

本当に隠したいもののひとつです。

 

 

 

悩みが多い白髪頭

両親ともに白髪が多かったし、十代の頃から

かなり白髪が目立っていたので、将来は

白髪頭になるんだろうなという覚悟はしていたものの、

徐々に増えていく白髪を鏡で見るたび、

ついついため息が出てしまいます。

 

 

たぶん白髪染めを辞めると、もうほとんどが

真っ白の状態だと思います。

 

 

五十代で真っ白は随分と早いような気もしますが、

やはり遺伝なんでしょうかね、DNAって怖いですね。

 

 

経済的なことも考えて、白髪染めは自分でやってます。

 

 

染める回数も多いですし、金額もバカになりませんからね。

 

 

色々な商品を試してきましたが、根元まで

綺麗に染めるなら泡タイプ、生え際を綺麗に

染めたいならクリームタイプがいいのかなという感想です。

 

 

でもどのタイプも髪への負担は大きく、パサつくし、

薬剤で頭がかゆくなるしで悩みが絶えません。

 

 

以前、白髪染めをちょっと怠けていたら、

偶然会った友人にすぐさま白髪のことを

指摘され注意されました。

 

 

「すっごい老けて見えるからちゃんと染めなよ」

 

 

この言葉はグサッときましたねぇ。

 

 

それ以来、マメに染めるよう心掛けているのですが、

最近は白髪染めの辞め時も考えるようになりました。

 

 

五十代は早いけど、六十代の中頃になったら

もう真っ白の銀髪頭にするのもいいんじゃないかと

思うんです。

 

 

白髪染めから解放されたらどんなに自由だろうと

今では思うようになりました。